投資用ワンルームマンションを賢く利用|不動産投資で収益UP

住宅

投資プランを考えて購入

部屋

初心者でも購入しやすい

現在、注目を集めている不動産投資を行ないたいと考えた場合、投資用ワンルームマンションを購入するケースがありますが、メリットとデメリットに注意しなければなりません。メリットは単身世帯が首都圏を中心に増加しており、需要が高いことです。不動産投資の最大のリスクである空室のリスクをできる限り低くできるメリットです。そして購入価格が安いことです。サラリーマンでも手の出しやすい価格であるため投資対象として人気があるのです。投資用ワンルームマンションは駅からほど近い場所に建築されることが多いため立地条件はほかのマンションと比較しても優れていることです。メリットが多いため不動産投資の初心者でも気軽に始めることができます。しかし投資用ワンルームマンションには注意点もあります。

デメリットも多い

まず、ローンの問題です。通常2件目を購入する際には、1件目を担保に借入することが多いのですが、投資用ワンルームマンションは担保対象にならないことが多いのです。残債があると判断され、自己所有や2件目のマンションを購入することがしにくい場合があります。また、空室のリスクは少なくても利回りが小さくなる可能性も視野に入れましょう。値段が安い分、家賃も安く抑えられているからです。高くすると入居者がいなくなるため、家賃設定に気をつけましょう。これらの注意点を把握し、投資用ワンルームマンションを購入すれば円滑な不動産投資我できるはずです。

家賃の保証サービスとは

お金

不動産投資の最大のリスクは空室リスクですが、家賃保証サービスを利用すれば空室リスクを回避する事が可能です。但し、家賃保証を受けるためには毎月一定の保証料を支払う必要があり、かつ保証期間には上限がある点については留意しておく必要があります。

View Detail

分譲と賃貸による相違

集合住宅

マンションの管理費は分譲と賃貸では異なった考え方で構成されています。管理費は毎月払うことになりますので周辺相場と比較することは重要な作業です。また経営者はコンサルタント会社への相談も行なっていきましょう。

View Detail

老後の副業にお勧め

不動産

賃貸管理をするのなら、その道のプロからアドバイスを得ることが大切です。専門的な業者や不動産会社に協力してもらうことをお勧めします。比較的、楽にできるため、副業として人気が高まってきています。老後の副収入にする人も居ます。

View Detail